コラム

Column

高度人材ほど、日本ではなく他国で就職??

情報

昨今、20194月に施行されるビザのニュースが絶えない中、高度人材というワードを見た方も多いのではないのでしょうか。

雇用するなら高度人材を採用したいという企業様が多い中、雇用がなかなか進まないのも現実です。なぜならば、高度人材に当てはまる外国人は日本ではなく、他国を就職先として決めることが多いからだとか。

今回は、高度人材が日本ではなく他国で就職を選ぶ理由をお伝えしたいと思います。

そもそも高度人材って何?

『高度人材』とは、技術や知識、能力において専門性を持っている外国人労働者を指し、簡単にお伝えすると学術研究者や技術者、経営者などが高度人材とされています。

ちなみにですが、技術者という点では現在、最も採用が難しいと言われているエンジニア職(プログラマー)も高度人材に分類されます。

しかしながら、上記の職種に当てはまれば高度人材とみなされるわけでなくポイント制で決定され、ポイント合計が70点以上になると在留期間の延長や永住権の申請、配偶者の就労など様々な優遇措置が取られます。

ちなみに、このポイント制の項目は

①学歴
②職歴
③年収
④年齢

この4つの項目をメインにポイントが割り振られており、その他ボーナスポイントとして、日本語能力試験の取得や地位として代表取締役という役職を得ているかなどでポイントが加点される仕組みになっています。

詳細は、法務省のリーフレットをご参考ください。

高度人材ポイント制による出入国管理上の優遇制度|法務省

高度人材ほど、他国を選ぶ?

高度人材ほど、他国を選ぶと題させていただいてますが100名いたら100名の外国人の方が日本を選ばないというわけではございません。

あくまで他国を選ぶ傾向が強いということをお伝えさせていただけたらと思います。

というのも、高度人材は前項でお伝えしたとおり【高度人材】と定義されているだけあって、学歴、職歴、年収、年齢そして専門的知識、能力、技術とトップクラスの人材とされています。

ここで、日本企業が求める外国人の人物像でよく挙げられるものを見てみますと

①日本語能力が高い方がいい(日本語能力N2以上は必須)
②能力が高く、必ず大学を卒業している方がいい
③英語などが話せるといい

など上記3つを掲げることが多いのではないでしょうか。

しかし、上記のような3つを掲げる企業様で採用が上手くいっている企業様は、大手企業様が多く、なかなか採用が上手くいかない企業様が過半数を越えています。

なぜなら、上記3つに当てはまる外国の方はトップクラスの人材だからです。

そしてトップクラスの人材は、日本にとどまらず他国へ就職するのです。

 

理由として、、、

母国語の他に、英語を話せる方はわざわざ日本を就職先に選ばなくても英語をメインに、コミュニケーションを取っている他国に就職すればいいのです。日本語は、世界の中でも難しい言語ランキングTOP5に入っており、そんな難しい日本語を学ぶ時間を費やすより、他国に就職したほうが良いからです。

また、日本はアジア圏内で最も働きたくない国にランキングしていることもあり、労働環境が懸念点としてあがる中、高度人材から敬遠されてしまっているのも実情です。

高度人材を採用していくためには

高度人材を採用するのは、やはり日本の採用市場と同じくらい売り手市場ですから難しいのが現状です。

日本人は、『人間関係』『やりがい』などを重視しますが外国の方は、『待遇』『就業時間』を重視する傾向にあるため、そもそも採用の説明の段階から、待遇・キャリアステップ・労働環境、働いたら何を求めるのかを明確に伝えることが貴重な高度人材の採用のポイントになります。

また、やはり高度人材のみを採用していく手法ではなく『伸びしろ』がある方をポイントに採用していくことも重要になります。

学歴や職歴が浅くても、意欲が高く純粋で真面目な外国人の方が多くそのような『伸びしろ』がある外国人の方を採用している会社様は、結果として、即戦力人材となっており、採用に成功している事例もあるのです。

まとめ

今回は、高度人材とは?そしてなぜ高度人材は他国に就職するのか?

採用の難しさまで簡単にご説明させていただきましたがいかがだったでしょうか。今回、紹介させていただいた高度人材についても、定義やルールが毎年変更されます。定期的に法務省の情報をチェックし、施策を打ち続けることをおすすめします。

お問い合わせはこちら

日本初の外国人育成・定着のプロ集団 外国人の育成・定着のお悩みを解決します。 お問い合わせ