コラム

Column

単純な労働力?心強い協力者?新たな在留資格「特定技能」保有者との向き合い方

育成

種類もそれぞれに対するルールも多いため、一見複雑に見える在留資格。ですが、調べていく内に背景から知ることで途端に分かりやすくなることに気が付きました。

そこで今回は、今年4月から始まった新たな在留資格である「特定技能」について、どんな目的で出来たのかを踏まえた上で、どの程度のことが出来るのか、注意点、育成時のコツについて解説します。

 

「特定技能」が出来た背景

「特定技能」は、日本の短期的な労働力不足解消を目的に出来た在留資格です。

そのため、深刻な人手不足が生じている特定の分野に関する業務でのみ認められていることや、移民政策にならないよう短期間のみしか使えない上、家族の帯同も認められていない等の特徴があります。

 

 

「特定技能」の種類と職種

特定技能は1号と2号に分かれています。簡単に説明すると1号は就職したい分野の知識か経験いずれかがあれば取得できるもので、2号はさらに熟練した技能が必要となるものです。

先ほど“移民政策にならないよう短期間のみしか使えない上、家族の帯同も認められていない”と書きましたが、2号になると更新の制限が無くなります。それにより定住することになれば、家族(妻子まで)を呼ぶこともできるようになっています。

 

特定技能1号を取得すると、
①建設業、②造船・舶用工業、③自動車整備業、④航空業、⑤宿泊業、⑥介護、⑦ビルクリーニング、⑧農業、⑨漁業、⑩飲食料品製造業、⑪外食業、⑫素形材産業、⑬産業機械製造業⑭電気電子情報関連産業
という14職種に就くことが出来ます。

そしてこの内の①~⑤の職種に限り、熟練した技能を持っていれば2号を取得することが出来ます。

 

 

「特定技能1号」保有者を採用する際の注意

特定技能1号は“労働力として”外国人材の力を借りることがメインの資格ですので、専門的で深い知識や経験が必要とされたこれまでの在留資格に比べて取得条件は多くありません。

そのため働く側のハードルは下がりますが、受け入れる側にはさらなる心構えが必要となります。

 

例えば、上記に書いたことも含みますが、

①短期的な戦力であること。
・1年or半年or4か月ごとに更新が必要。最長でも5年まで。
・家族の帯同は認められていない。

②初めから日本人と同レベルの戦力として扱うのは難しいこと。
・その分野の知識か経験があるという程度。
・生活や業務に必要とされているレベルの日本語は使える。

③報酬は日本人と同等以上である必要があること。

④外国人材への日常生活、職業生活または社会生活の支援の実施を求められること。

等に気をつける必要があります。

 

「日本人を雇用するより安い」という認識の方も少なくないようですが、実際は全く異なりますのでご注意ください。

 

外国人材を採用するメリット

上記の注意点を踏まえる必要はありますが、外国人材を採用すべきメリットというのも沢山あります。
例えば、年々増えている訪日外国人の対応が出来ること。これが日本人の労働者にとって一番助かるポイントではないでしょうか。

 

日本政府観光局によると、2018年に日本を訪れた外国人は3,119万2千人で、前年より8.7%も増加したとのことです。来年にはオリンピックも控えていますから、さらに増加するであろうことは想像に難くありません。

 

ところが、日本人の英語力は、世界に比べると未だかなり低いのです。EFという世界大手の英会話スクールが、成人の英語能力について世界規模で統計を取っているのですが、それによると、調査対象の88ヵ国中、日本は49位という結果に(2018年)。
能力レベルで言うと5段階中下から2番目で、これは観光や、同僚程度の関係値の人とちょっとした会話をしたりメールをしたりができるくらいのものです。

 

特に、都市部以外、いわゆる地方と呼ばれる地域の英語力が非常に低いという結果も出ています。
2018年の調査では中でも福岡県の英語力が低かったそうなのですが、なんとこの福岡県は、“外国人観光客の多い都道府県ランキング”で5位になっておりました。

 

このような状況ですから、日本語を含む2か国語以上を話すことが出来る外国人材を雇用するというのは、注意点や育成の工数を差し置いてでも検討する価値があることと言えるでしょう。

 

 

外国人材を育成するコツ

このメリットを生かすためにも、まず雇用後の育成を最短で行いましょう。
在留資格のルールにより短期的な雇用しか望めないということは変わりませんので、1人ひとりを戦力化するまでの時間を縮めることが必要です。

ここでポイントとなるのは、相手の『文化・常識』を学び、違いを認識した上で育成を進めること。

 

外国人材の育成現場において、
「外国人はやる気がない。すぐさぼる」
「指示や指導の意図が上手く伝わらない」
「日本の礼儀礼節や文化に馴染んでもらえない」
「時間にルーズで遅刻や欠勤が目立つ」
「残業を依頼すると露骨に嫌がられる」
という意見をよく伺います。

ですがこれらは全て単なる文化の違いが原因であることが多いのです。
すなわち、育成する側のコミュニケーション不足、トレーニング不足による結果と言っても良いのではないでしょうか。

 

以前のコラムにて、日本での就業者数ランキング上位国を含む8か国の文化や仕事観をまとめております。以下URLから飛ぶことが出来ますので、ぜひ合わせてご覧ください。
指導時に注意すべきことや、言葉選び、教えるペース等の参考になれば幸いです。

 

中国 https://gaikokujin-ikusei.com/archives/341
フィリピン https://gaikokujin-ikusei.com/archives/325
ブラジル https://gaikokujin-ikusei.com/archives/330
ネパール https://gaikokujin-ikusei.com/archives/326
韓国 https://gaikokujin-ikusei.com/archives/338
ペルー https://gaikokujin-ikusei.com/archives/335
オーストラリア https://gaikokujin-ikusei.com/archives/349
ニュージーランド https://gaikokujin-ikusei.com/archives/318

 

こういった違いを認識した上で、何かトラブルが起きた場合も、教える側と教わる側の双方に原因が無かったかを確認する形で解決していくと、育成にかかる時間を短縮することが出来ます。

 

また、シンプルですが、できるだけコミュニケーションをとるだけでも育成時間の短縮に繋がります。

「人は“感情の生き物”である」という言葉を聞いたことがある方は多いかと思いますが、これは日本に限らず世界共通のものです。人間関係の構築度によって耳の傾け度合いも変わってきます。

ですので、「相手が話を聞かない」からと、諦めたり、相手のせいにするのでは無く、「こちらからのコミュニケーションが不足しているのだ」と考えましょう。

まずは出来たことを褒めるところから始めるのがおすすめです。
褒めることは信頼関係を築くことにつながりますし、安心感を与えることができるからです。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、新たな在留資格である「特定技能」について、どんな目的で出来たのか、どの程度のことができるのかを踏まえ、注意点と育成時のコツについて解説しました。

 

育成時のコツについては、在留資格にかかわらず、全ての外国人育成において有効ですので、ご活用いただければ幸いです。

 

参考
在留資格「特定技能」とは|JITCO
新たな在留資格「特定技能」について|法務省
EF 英語能力指数国別ランキング発表!日本の英語力は世界で何位?
【2018年最新版】外国人観光客から人気の都道府県ランキング。地方が上位に入るためのインバウンド対策とは?

お問い合わせはこちら

日本初の外国人育成・定着のプロ集団 外国人の育成・定着のお悩みを解決します。 お問い合わせ